2006年03月24日

リフォーム 健康 大阪(生活の内部を見られてしまうのだから・・・)

リフォーム工事は新築工事と違って

住人が住みながらの工事が多いですよね
リフォーム 大阪 建築家

 

 

そのため業者さんに生活スペースを

イヤでも除かれてしまう事になります

 

 

 

他人が家の中に入って数日から数週間

作業する事になります

 

 

そういったことを考えますと

よほど信頼できる業者でないと

気を休める暇がないですよネ・・・・

 

 

以前にもお話しましたように

実際にその建物を工事してくれる人との

相性は、数日間、数週間過ごす上では

大切なことだと思いますョ!

 




posted by ベリー at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフォーム 見積 カーペット(追加工事費の無い単価制の業者)

追加工事なんかで予算オーバー・・・

 

          正直キビシイですよね・・・

 

 

 

業者によってなんですが

 

 

床面積を基準にした単価制で追加工事料金は

請求しないなんて業者もあるんですよ

 

 

これでしたら床を剥して・・・・・

 

なんて時にもフトコロの心配しなくて済みそうですネ




posted by ベリー at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフォーム 自然 素材 横浜(天然の素材を存分に生かしたリフォーム)

最近ではシックハウス症候群など

点から天然素材に注目が集まっています。

 

 

各部屋の換気扇の取り付けや

天然素材では左官の原料やクロスの接着剤

フローリングにも使用している所もあります

 

 

しかし塗料の乾きに時間がかかってしまい

工事が遅れたりしてしまうこともあるそうですね

 

 

そういった事では天然素材は施工面では

作業しづらいといったマイナス点もあるようです

 

 

ですから施工側と施主さんでの

打ち合わせはしっかりとしておくとよいでしょう。

 

 

自分自身がどこまで天然素材を使用して

リフォームしてもらいたいか
リフォーム大阪 軟水

 

 

 

あるいはどこまで天然素材を使用できるか

工事が長引けばそれだけ人工代もかかって

しまいますから打ち合わせの段階で

明確にしておくと良いですよね。

 

 




posted by ベリー at 12:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフォーム 和室 フローリング(和室をぶち抜いて畳コーナーに)

リビングが手狭で・・・

 

和室をぶち抜いてリビングスペースを広げて

みるのはいかがでしょう

 

 

和室スペースを活用しているお宅でなければ

和室部分を眠らせておいてはもったいないですよね

 

 

それでも家の中に畳が欲しいとお考えであれば

畳コーナーをリビングの隅に設けてはいかがですか

 

リビングは一番家族が

集まって来るスペースですから

ゆったりと過ごせる空間にしたいですよね。




posted by ベリー at 12:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフォーム 示談 神戸 市(保証書は発行してくれる業者ですか)

保証書はきちんともらいましょう

 

リフォーム工事契約前に保証書を

ちゃんと発行する業者であるか確認してください
リフォーム大阪 軟水

 

 

また保障内容についても質問し

確認しておくと良いですよね・・・

 

 

 

工事が完了して生活を始めてから

欠陥が見つかって慌てて保証書

引っ張りだすような事の無いように

事前に確認しましょう。

 




posted by ベリー at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
住宅リフォーム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。